忍者ブログ
2006年7月よりの天津での留学生活と、2007年7月から2008年6月まで、大連での労働生活を綴っていました。 帰国後4年の歳月を経て、2012年7月より上海にて駐在生活開始であります。

2017

0822
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0120
旅行してる時に筋肉君と相撲取り君が言ってたのですが、
中国はガタイのいい若者が全然いない国です。

基本的にみんなやせてるし、肥えているのはたぶん金持ちのおっさんおじいさんくらい。最近見る子供は栄養過多な子が多い感じですが、少なくとも力感がない。

日本なら、まあ街を歩けば筋肉隆々と言わないまでも、ラグビーとかアメフトとか柔道とか力士とかやってそうな人を普通に見かけると思います。
これにつき私より蔵、本日主因と思われる事象に辿り着きました。どん。

なんと、学校に体育がない。。
こりゃびっくり。

おどろくなかれ、子供の頃の基本的時間割は、以下。

7:30  登校、自習開始
8:00  授業開始
11:30 昼飯、午後の自習
13:30 授業開始
16:30 授業終了
17:00 夜の自習開始@学校
19:00 自習終了、帰宅
21:30 高校生になると、ここまで勉強

控え目に言って、はんぱじゃないっすね。
正味な話、体育なんてないそうです。っていうか、体育館なりグランドの設備がなかったし人が多すぎるとか。今回書いているのはいま20過ぎの年齢の方の話で、当時は特に学生が多かったこともあり、今は多少ましとのことですが、時間割は今もこんな感じとのこと。

だから、中国の学生はスラムダンク等々部活マンガに特に魅かれるんだそうです。また、女の子の制服がかわいいのが羨ましい、とのこと。そーいえば道行く中高生と思しき子供は、みんなジャージ着てるわな。。

天津市に関していえば、高校進学に必要なテストの満点が640点で、
市内六区の一つである和平区の進学基準は、当時なんと620点!!

え、そんなにテストが簡単なの?と思わず聞きましたがもちろんそんなことはなくて、基準が厳しいのであります。何しろ人が多すぎるから人数絞らなきゃいけなかったんだって。

高校に進学できなかった人は、現場作業とか体力系の仕事に就職していくそうです。高校浪人もいるけど、きわめて少数派。両親は子供に将来辛い思いをさせたくないがために、いま辛い思いをさせ勉強させる。

コドモの能力を計る唯一の基準は、テストの成績。
人呼んで「応試教育」。ものすごく純粋にテストのためだけの勉強、をする(ことになってしまっている)のが中国の教育の特色だそうです。

それゆえ、小学校から高校まで苛烈な勉強地獄が続くのだとか。
それゆえ、中国一般人の運動能力は極めて"差"(劣っている)のだとか。
いや、非常に説得力のある解説ですね。。帰宅時には勉強でぐったり、宿題も膨大なために、まじで、遊ぶ余裕などなかったとのこと。

大学に入っても油断なりません。
出席率が極めて高くないとテストが受けられないので、初日とテストの日だけ来ました、なんて日本の不良学生みたいな真似は通用しません。更に、大学当局は大学時代に企業でバイトすることを強力に推奨するらしく、おまけにバイト代の半分はピンハネ。

また、大学選択は就職に直結。だからテキトーな学部は受けないし、就職しやすい学部は人気殺到。大学の専攻と職種が関係ないなどという状況は、まずないそうです。
そうしてみると、日本の学生ってすごいっすね。文系理系、大学の専攻に関係なく何でもやっちゃうもんね。入社してから企業戦士に染め上げられてく面もありますが。

ちなみに、それじゃオリンピックに出てるアスリート達はどう~なってるかと云うと、これは普通の子供とは全く違うルートで教育を受けており、昔から運動しかしてないんだそうです。なんじゃそりゃ。。
金メダル取ろうものなら、報奨金に住宅手当はもちろん、進学に関しても大学試験の点数が大幅に加算されたり、北京大学はじめ有名大学が呼んでくれるとのこと。

もひとつちなみに、こんな教育制度だから小中学生の数学オリンピックでは中国人ばかりが上位を占めるけど、ノーベル賞は誰も取れないのよね、と笑顔で解説してくれたのでした。なるほど。

・・・とまあ、
人様の国のことなのでけち付ける気はさらさらないですが、
呑気な日本人からするとこりゃもう紛れもなく一種のカオスですな。
よくこの環境で生き残った上に僕の笑いが分かる人間が育つなあ、と感心しました。

あくまで比較論ですが、日本って相当平等な国だと思わされたのでした。
この国、まだひと悶着ふた悶着ありますよ、きっと。

もっとも、それじゃ日本の教育に何か方針でもあるのかと言われると困っちゃうんですが。「ゆとり教育」なんて恥かしくてとても紹介できない僕がいました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なるほど~~~。
とっても興味深いお話でした!

言われてみれば納得なことばかし。

ほんと中国って不思議な国。。
いまだに共産主義の国として
どうやって経済がなりたっているのかすら
理解出来ていないのり助でした。。
名無し忍者 2007/01/21(Sun)21:30:06 編集
Re:無題
大前研一によれば、

『中国は今日、私たちが想像できるかぎり、最も残酷で、非人道的で、感傷を排除した資本主義を内包している。中国の自国民から搾取しているのだ(中略)中国が示しているものは、資本主義の最も未熟な形である。
(中略)今日の地球上で最も純粋で、不純物の入らない形の資本主義である』

とのこと。
少なくとも、日本人が想像する「共産主義」とはかなりかけ離れた感じはするね。

歴史を遡ると、イギリスから産業革命が起こり、うにゃうにゃしているうちに資本家・労働者階級が生まれ、これの行きすぎ("搾取")への反発から共産主義が生まれて来た、筈なのよね。
ところが中国はそのプロセスをすっ飛ばしてる。元々中国に資本家労働者なんてなくて、ほとんど旧体制を倒すためのイデオロギーとして「共産主義」が謳われた経緯がある。

が、最近になって本来の意味の資本家と労働者が生まれてきてる。
となると、、これから何があっても不思議ではない、のかどうなのか。
政府がうまいことやっていくのかどうなのか、おもしろいね。

・・・というのが拙い弊認識でござい。
まあ、一言でいえばまさに「不思議な国」だやね。
【2007/01/21 23:55】
trackback
この記事のトラックバックURL:
プロフィール
HN:
より蔵@上海
性別:
男性
自己紹介:
-留学生活の記録-

◇訪問都市(増殖予定):
≪中国国内≫
北京、天津、上海、杭州、蘇州、黄山、ハルピン、長春、青島、泰山、承徳、ウルムチ、トルファン、カシュガル、ホータン、敦煌、嘉峪関、蘭州、銀川、西寧、ゴルムド、フフホト、バオトウ、オルドス、西安、華山、郑州、少林寺、洛陽、太原、平遥、大同、成都、九寨溝、黄龍、四姑娘山、楽山、峨眉山、昆明、大理、麗江、ラサ、シガツェ、オールド・ティンリー、ダム、海口、三亜、文昌、広州、桂林、陽朔、長沙、韶山、岳陽、武漢、アモイ、香港、マカオ
遼寧省内都市(瀋陽、盤錦、営口、鞍山、阜新、旅順)

帰国後ーーー
貴州、福州、曹妃甸、重慶

≪外国≫
ネパール(カトマンズ)、シンガポール、イタリア(ローマ、ベネチア)

帰国後ーーー
インドネシア、ロシア、韓国、マレーシア、UAE、カタール、エジプト、インド

◇山
黄山、五岳(泰山、華山、嵩山、恒山)、北京:香山、雲南:玉龍雪山、四川・四姑娘山・楽山・峨眉山、旅順:二〇三高地
八宝山(いずれ・・・)

◇三大石窟(コンプリート)
雲剛石窟、龍門石窟、莫高窟

◇旧ヤマトホテル(コンプリート)
大連、瀋陽、長春、ハルピン

◇ハーフマラソン
(新宿):2時間強
(上海):1時間53分
(アモイ):1時間54分
(万里の長城):2時間39分
(北京):1時間56分

◇10KM
(香港):56分左右。。
(大連駅伝2区):47分

◇ゴルフ:
≪2007年≫
118(57-61)@天津温泉
109(58-51)@天津温泉
121(56-65)@大連金石A
116(59-57)@上海旭宝
116(64-52)@天津温泉
115(52-65)@大連金石A
67@棒棰島
126(66-62)@大連CC
116(57-59)@大連金石B
116(54-62)@大連CC
59@大連金石B
106(55-51)@天津温泉
112(56-56)@天津温泉
129(61-68)@大連金石A

≪2008年≫
106(54-52)@天津温泉
118(60-58)@天津温泉
46@天津温泉
105(49-56)@大連金石A
115(56-59)@大連金石A
106(55-51)@大連金石B
107(51-56)@天津温泉
54@大連CC
133(69-64)@大連金石A
98(48-50)@大連金石B
96(45-51)@北京順義
109(53-56)@大連金石A
103(51-52)@上海旭宝

≪2012年≫
110(58-52)@旭宝-東南
103(50-53)@青浦
109(54-55)@旭宝西北-青
102(53-49)@旭宝中東-青
97(45-52)@旭宝西北-青
98(50-48)@嘉定-白
106(55-51)@旭宝西北-青

◇エルゴメーター
(2km):6'27
カウンター
アクセス解析
最新コメント
(12/25)
(12/02)
(08/20)
無題(返信済)
(08/17)
(06/23)
(06/21)
無題(返信済)
(06/17)
(05/30)
NDS(返信済)
(05/14)
卓見(返信済)
(05/07)
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP